脱毛後の肌は非常に敏感で、しっかりとケアをしておかないと後々肌トラブルを起こしかねません。反対に脱毛後にしてはいけない事柄もいくつか存在するので、あらかじめ念頭に置いておく必要があります。今一度脱毛後にしておきたいケアと、逆にしてはいけないことを確認しておきましょう。
施術後のケアに関して言うと、脱毛の跡の肌は非常に敏感になっています。事実、光を当てたことで肌には多少なりともダメージが蓄積されているので、その鎮静を心掛ける必要があるのです。
シャワー後はタオルでごしごしと拭うのではなく、押し当てるようにして水分を吸収する方が、負荷がかかってしまった肌には最適かと思います。タオルドライをしたらすぐに保湿を行ってください。
というのも、ダメージを蓄積した肌は水分量が減り、結果的に乾燥へと移行します。乾燥してしまうと肌に悪いのはもちろんなのですが、次回の施術にも影響が出てしまうこともあるので注意しましょう。
肌の保湿には化粧水の他に保湿クリームも有効なので、変に値が張るものを使用せずにたっぷりと肌になじませてください。数日間は努めて肌の調子を整えることで、施術後も肌トラブル無しに過ごせるかと思います。
逆にしてはならないことや、気を付けていなければいけないことは多くあります。まず、施術後は風呂では無くシャワーにして、余計な刺激を肌に与えないようにしましょう。

とは言え、冷やしすぎも逆に良くないのです。脱毛は毛根を始めとした細胞に熱を与えて行うものなので、急激に冷やしてしまうと脱毛効果自体が緩和されてしまうことにもなりかねません。
また、これは脱毛前でも後でも同じなのですが日焼けは避けてください。日焼けすることで時には施術を断られてしまうので、コンスタントに脱毛したい方であれば尚更日焼け対策は万全にしておく必要があります。
さらに、自己処理についての注意点ですが、毛を抜いてしまうことだけは避けるようにしましょう。特に数度脱毛をして、それなりに効果が認められるようになった頃だと余計にムダ毛が気になるものです。
ここで毛を抜いてしまうと、次の脱毛に必要な毛根を根こそぎ取ってしまうことになりますし、毛嚢炎といった毛穴の炎症を引き起こしてしまう可能性があります。
脱毛は肌に対して一定のダメージを与える作業です。脱毛後の正しいケアを心掛け、逆に留意すべきポイントはしっかりと抑えておいてください。そうすることで余計な肌トラブルを避けられますし、次の施術に万全の態勢で臨むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です